【レビュー】J3第2節 アスルクラロ沼津vsカターレ富山

Jリーグ
人気ブログランキングでフォロー

まえがき

相性◎のホーム富山戦

過去18試合で13勝1分4敗。特にアスルホームでは5勝1敗と超相性が良い相手です。

Soccer D.B. : 対戦一覧[対戦成績] アスルクラロ沼津 vs カターレ富山
クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、EURO、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています

私がJ3観戦を始めたのは2020年ですが、この時も3-2で勝ちました。

Instagram

2021年もJ3で優勝争いをしていた富山相手に2-1で勝利。2022年もJ2昇格争い真っ只中の富山を1-0で破りました。

Instagram

Gゾーン復活

Gゾーンはフロンターレでの言い方ですが・・・応援の中心が昨年の南ゴール裏からバックスタンド北側脇へ移動しました。JFL時代の中心がそこだったようで、これは”原点回帰”になるようです。2021年は北ゴール裏、2022年は南ゴール裏、そして今年は北バックスタンド脇と応援の中心がコロコロ変わっていますが・・・今後はこれで固定なのでしょう。

伸び代だった選手紹介VTR

選手紹介のVTRが新しくなりました。

まずは去年の映像をご覧ください。

これが今年はこうなりました。

昨年ようやく大型ビジョンが導入されて、クオリティめっちゃ低いけどまあしゃーなしだなーと思っていましたが、まさか1年でここまでクオリティ上げてくるとは思っていませんでした。

まさかフロンターレが今年やっと選手が静止画から動画になったというのにアスルは大型ビジョン導入2年目でいきなり選手が動きました!

まあ、選手紹介の選手がトラップしたりキャッチしたりする映像が一瞬すぎるとか細かいところで改善点はあるとは思うんですけど、普通にカッコよくてビビりました。笑

伸び代ですねえ!!!

試合結果

スタメン

先発は讃岐戦と同じ。

昨シーズンの主力だったGK武者大夢や長年にわたってDFリーダーとして君臨していたDF藤嵜智貴の名前は今節もなし。センターバックコンビはDF篠崎輝和とDF附木雄也が組みました。右SBには不動のDF安在達弥、左SBにはDF濱拓巳が入りました。

中盤はMF菅井拓也、昨シーズン相模原でプレーしたMF持井響太、MF徳永晃太郎の3人。FWは右にラインメール青森でプレーしたFW津久井拓海、左に今年から10番になったMF佐藤尚輝、真ん中に大卒ルーキーFW和田育が入りました。

得点・交代

左WG佐藤尚輝に代わって入ったMF鈴木拳士郎はIHに、持井が左WGに。

ハイライト

感想

立ち上がりはDFラインでひたすらパスを回しているだけ、WGの津久井や中盤の菅井や徳永に入っても簡単に後ろに戻してしまうので、ポゼッションが高いって言っても逃げのポゼッションか〜、まあ今井監督時代に比べればスムーズだなぁとがっかりしていましたが・・・

その中でも持井だけは前向きのベクトルでプレーしていてかなり好感が持てました。結局持井は自分が得たPKを決めて移籍後初ゴールを決め、他の場面でも存在感がありました。相模原で去年13試合しか出てないってマジか。

とはいえ、途中からは徳永や津久井もめちゃくちゃアグレッシブにゴールを目指したプレーをしており、ただ立ち上がりで慎重になっていただけだったっぽいですね。

津久井は特に後半迫力のある攻めを繰り返していて非常に良かったです。去年は両WGがパス以外で打開する術を持っていなかったので見ててモヤモヤすることが多かったですが、今年は見事に解決してくれたようです。

また、パスによる打開も昨年までのなんちゃってパスサッカーとは一線を画すクオリティの高さ。見ていて楽しかったです。

一つ懸念があるとするならば、センターフォワードでしょうか。今日の先発は筑波大卒のルーキーFW和田育、交代で大阪産業大卒ルーキーFW赤塚ミカエル。

まだプロの世界で自分の持ち味が出しきれていないかなと思います。攻撃はうまくいっていると思いますが、得点という面で見ると決定的だった場面って実はそんなになかったのではという気がします。この大卒ルーキー2人がストライカーとして成長できるか否かに上位進出が左右されると思います。頑張れ!

あとがき

相性の良い富山相手にしっかり勝って今シーズン初勝利をあげました!去年はホーム開幕戦で0-5で負けて最悪なスタートでしたが、今年は内容も良く上位進出を期待できるかなと思います。

2試合を終えて1勝1敗で11位ですが、今年は1桁順位行けると思っています。楽しみです。

順位チーム勝点試合得点失点得失
1ガイナーレ鳥取62200633
2FC琉球62200312
3ギラヴァンツ北九州42110413
4松本山雅FC42110312
5AC長野パルセイロ42110312
6鹿児島ユナイテッド42110321
7FC今治32101211
8いわてグルージャ盛岡32101633
9SC相模原32101440
10カターレ富山32101330
11アスルクラロ沼津32101220
12FC大阪32101220
13カマタマーレ讃岐3210113-2
14FC岐阜22020220
15ヴァンラーレ八戸1201112-1
16奈良クラブ1201113-2
17愛媛FC1201126-4
18福島ユナイテッド0200213-2
19YSCC横浜0200225-3
20テゲバジャーロ宮崎0200203-3

コメント

タイトルとURLをコピーしました