アスルクラロ沼津3位浮上!!

人気ブログランキングでフォロー

最下位相模原に快勝!

J3第22節ホームSC相模原戦、アスルクラロ沼津は後半の3得点に加えてクリーンシートで快勝!3位鹿児島ユナイテッドと4位FC今治が揃って負けたため、3位に浮上しました!

アスルクラロ沼津公式Twitterより

前半は風とスリッピーな芝でロングパスが通らず、オフサイドも相まってなかなかチャンスを作れませんでしたが、後半はMF鈴木拳士郎のピンポイントクロスからDF安在達弥がニアで合わせて先制。

その後、FW森夢真のコーナーをドンピシャでFWブラウンノア賢信が合わせて今季6得点目となる追加点。

さらにブラウンノア賢信の左クロスからMF持井響太の頭でダメ押し。

1点目は「なぜそこに安在?」なゴールだし、3点目は持井が合わせたというよりはボールがたまたま頭に当たってゴールに入ったという感じでしたが。笑

去年までと異なり個々が自分の役割を認識して動けているのが分かる見事な試合でした。特にビルドアップ。昨季まではDFラインでボールを回しても詰まってしまう場面が多く見られましたが、今年はボランチに当てる、ボランチから横へダイレクトで展開するという流れがシステマチックにできていました。また、DFからグラウンダーでCFに当て、CFがワンタッチで捌くという流れも華麗でした。去年までのなんちゃってパスサッカーが皆無で見ていてめちゃくちゃ楽しかったです。

攻守の切り替えの早さも素晴らしかったです。CFのブラウンノア賢信が相手ボールを奪う場面がいくつもありましたし、奪われてもすぐに取り返す守備ができていました。

試合記録

注目の新戦力FW川又堅碁はメンバー入りせず。また、MF鈴木拳士郎を中盤起用し、3トップはFW森夢真、FWブラウンノア賢信、FW津久井匠海。津久井が復帰するまでは鈴木が左FWに入っていましたが、最近はこの3人が安定ですね。

【公式】沼津vs相模原の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第22節:2023年8月13日):Jリーグ公式サイト(J.LEAGUE.jp)
Jリーグの試合日程と結果一覧。試合日には速報もご利用いただけます。
アスルクラロ沼津公式Twitterより
アスルクラロ沼津公式Twitterより

ハイライト

高卒4年目FW森夢真、ようやくレギュラー定着

全国高校サッカー選手権で得点王になり、滑り込みで高卒プロ入りを果たした森は4年目にしてようやくレギュラーの地位を確立。第7節から第9節まで途中出場で絡むと、第10節からは全試合スタメン出場。2ゴール2アシストは既にキャリアハイです。

ボールタッチに非凡なものを持っているもののプロの強度についていけていないというイメージが個人的にはありましたが、克服してきている様子。仕掛けの部分はまだやれるんじゃないかとは思いますが、まさかプレースキッカーも務めているとは思っていませんでした。めっちゃ良いボール蹴りますね!

FWとしてはまだまだ得点数が足りていないので、このままアシストと共に量産してほしいところ。

森夢真 2023 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB
フットボールラボ(FootballLAB)はサッカーをデータで分析し、新しいサッカーの観戦方法を伝えるサッカー情報サイトです。選手のプレーを評価するチャンスビルディングポイントやプレースタイル指標、チームの戦術を評価するチームスタイル指標といった独自のデータを開発しています。データを活用してサッカーに新しい視点を提供す...
ターニングポイントは監督へぶつけた“不満”…四中工の10番・森夢真が選手権で開花するまで | サッカーキング
 1年生から名門・四日市中央工業(三重)の10番を背負うMF森夢真(3年)の才能は誰の目から見ても明らかだ。ボールを持ったら姿勢の良いドリブルで相手DFを切り裂···

ピッチ内外で結果を出し続けてJ2へ

今、ピッチ内外で良い波が来ているように思います。ピッチ内ではゴン中山監督の元華麗なパスサッカーを構築して現在3位。得失点差はリーグトップです。

ピッチ外でも、5月にアスルくんがインターン生(?)として加入し、チームに活気が出ている気がします。そんなアスルくんも8/10に22歳の誕生日を迎えています。(個人的にはアスルくんからなんとなくおっさんぽい部分を感じるのでアスルさんだと思ってますが)

https://x.com/azulkundesu/status/1689543904964771840?s=46&t=zGUHldhrQ18ru6ziakl1ow

スタジアムの雰囲気も今までよりも断然よくなっているように感じます。ハリセン配布もあってか手拍子の音は大きいし、メインスタンドでもチャントを歌っている人が多かったような気がします。ピッチでアスルくんが手拍子煽っているのも要因の一つかなと思います。

今年はJ2ライセンス取得はなりませんでしたが、このまま結果を出し続ければ機運が高まっていくと思います。

新戦力盛りだくさんの相模原

相模原は今夏、清水エスパルスでも活躍したFW瀬沼優司や大卒ルーキーのFW齊藤聖七、FC東京期待の高卒ルーキーDF東廉太など総勢6選手を獲得。そもそも今シーズン開幕時点で27人中21人が新加入というゼロベースから始まった今シーズン。外野から見るとそんなんで勝てるわけねーじゃんと思ってしまいますが。。。

  • 名古屋グランパスからGK東ジョンを育成型期限付き移籍で獲得(7/17)
  • 栃木SCからFW瀬沼優司を期限付き移籍で獲得(7/17)
  • ザスパクサツ群馬からMF岩上祐三を期限付き移籍で獲得(7/19)
  • 清水エスパルスからFW齊藤聖七を育成型期限付き移籍で獲得(7/30)
  • FC東京からDF東廉太を育成型期限付き移籍で獲得(8/1)
  • いわてグルージャ盛岡からMF増田隼司を育成型期限付き移籍で獲得(8/7)

冷静で論理的な解説者として人気だった戸田和幸監督ですが、今季はかなり厳しいシーズンとなっています。理論が崇高でもそれを落とし込むことができなければ・・・ということなのか。このテコ入れが功を奏すると良いですね。

コメント

  1. 増山義洋 より:

    持井響太何故スタメン使わないのか?

タイトルとURLをコピーしました