ACL決勝T 1回戦 山東泰山vs川崎フロンターレ

人気ブログランキングでフォロー

スタメン

新加入のMF山本悠樹とFWエリソンがスタメン入り。左SBでの出場が期待されたDF三浦颯太はベンチにも入らず。昨シーズン怪我などで満足なシーズンを送れなかったDF佐々木旭がスタメン入り。

フォーメーションは昨シーズン同様4-3-3。普段左SBで出場している佐々木が右SB、左SBには普段WGを務めているFW瀬川祐輔が入りました。瀬川はサイドバック経験者とはいえ、シーズン最初のACLでやってくるとは。

スタッツ

記事

山東泰山vs川崎F 試合記録 | ゲキサカ
【ACL決勝トーナメント1回戦第1戦】(済南)山東泰山2-3(前半0-2)川崎Fフェルナンジーニョ(67分)、ジャジソン(86分)エリソン(28分)、マルシーニョ(33分)、家長昭博(79分)ポン・シンリー(35分)、ガオ・ジュンイー(52分)エ...
川崎、アウェーの中国で競り勝つ…ACL決勝T第1戦、山東のラフプレーにひるまず3-2勝利 20日にホームで第2戦 : スポーツ報知
 川崎が敵地で山東に競り勝ち、先勝した。前半28分に今季新加入のFWエリソン(24)がPKを決めて先制。5分後にはFWマルシーニョ(28)のヘディングシュートで突き放して2点を先制。後半は2点を取られ

所感

ピッチの状態が悪いこともあって前半立ち上がりは押し込まれてひたすら我慢の展開でしたが、前半のうちに2得点。新加入のエリソンと3シーズン目のマルシーニョが決めました。

相手のハンドで得たPKは例年通りFW家長昭博か新キャプテンMF脇坂泰斗のどちらかと思っていましたが、まさかの新加入エリソンでした。2点目ほ旭のフリーランを囮に家長がアーリークロス、ファーでマルシーニョがダイビングヘッドで追加点。理想的な前半でした。山本悠樹は前への意識が高く、裏へフリーランを多く入れてたし、チーム初シュートも山本だったし非常に良かったです。

前半から山東はかなりプレーが荒くなってラフプレーのような挙動も多くてヒヤヒヤしました。

後半は5バックにして凌ごうとして2失点したのは反省材料。後半だけでシュート16本を浴びたのはいただけないですね。

とはいえ、山田新の競り合いから家長が抜け出して3点目を決めたのは見事。家長が裏へランニングしたのは非常に良い傾向でした。

次戦はホーム、その前にスーパーカップ

次はホーム等々力での試合。今シーズン最初のホーム、絶対に負けられない試合となります。

その前にスーパーカップ神戸戦がありますが、こちらは選手の大幅な入れ替えを鬼木監督が明言しています。今回の試合に出れなかったバフェや新加入の三浦颯太、ACLで短時間の出場に終わったファンウェルメスケルケン際など、楽しみなメンバーがたくさんいます。高卒の神田奏真や由井航太が見れるかはわかりませんが大卒の山内日向汰は見れるだろうし、楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました