川崎フロンターレ2024新体制

人気ブログランキングでフォロー

新体制発表会見が行われました。様子は以下より。

※あまりにも高校サッカーやアスルクラロ沼津の投稿が多すぎて忘れてる&知らない方も多いかと思いますが、このブログの筆者はフロサポです。

#川崎フロンターレはサッカークラブです

会見の冒頭のシーンはこんな感じです。

私はフットサルをしていたので全部はまだ見ていないのですが、途中でひたすらお経を唱えているシーンとかあるので皆様もぜひ。昨シーズンはDOGSOだの怪我だの呪われてましたからね。お祓いは大事。

あと、新加入の丸山祐市と三浦颯太のコントがめちゃくちゃ面白かったり、神田奏真と山内日向汰のダンスがかわいかったりします。

よくこの手の催しは撮影禁止だったりしますが、フロンターレは逆に「ぜひSNSで拡散してください」というスタンスなので探せばたくさん出てきます。

ちなみに丸山がイジっている「二行ゴール」の元ネタはこれです。新加入でイジれるのはすごい。期待。

選手背番号

川崎フロンターレ:2024シーズン「背番号・ユニフォーム表記」のお知らせ
2024シーズンの背番号、およびユニフォーム表記が下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。※AFCチャンピオンズリーグ2023/24の大会規定により、一部の選手についてはACL2023/24のみ背番号・ユニフォーム表...

新加入選手の背番号は以下の通り。

  • ゼ・ヒカルド:6
  • エリソン:9
  • 三浦颯太:13
  • 宮城天(レンタルバック):24
  • 松井蓮之(レンタルバック):25
  • 山内日向汰:26
  • パトリッキ・ヴェロン:28
  • 神田奏真:32
  • 由井航太:34
  • 丸山祐市:35
  • 山本悠樹:77

高卒ルーキーの由井航太と神田奏真は毎年の例に漏れず30番台。ユースから大学を経て帰ってきた山内日向汰は26番。

レンタルから復帰した宮城と松井はレンタル前と同じ番号。宮城は長崎にレンタルされてすぐに髪を染めたり名願斗哉が24番を背負ったりで片道切符なんじゃないかと言われている時期もありましたが、無事帰還しました。松井は町田で主力として見事J2優勝&J1昇格を果たし、大きな自信と経験を持ち帰ってきてくれました。期待。

そして、最も期待なのは高井幸大の背番号変更。高卒1年目だった昨季は29番でしたが、2年目となる今年はノボリの2番を受け継ぎました。

一部選手はリーグとACLで背番号が異なる選手がいます。ACLはまだシーズン中なのでね。

  • 高井幸大:リーグ2、ACL29
  • ゼ・ヒカルド:リーグ6、ACL55
  • エリソン:リーグ9、ACL89
  • 三浦颯太:リーグ13、ACL71
  • 宮城天:リーグ24、ACL42
  • パトリッキ・ヴェロン:リーグ28、ACL88

ノボリ、山根の後は高井と新加入三浦

ノボリの背番号2を下部組織出身2年目の高井幸大が、山根の背番号13を期待の新加入左SB三浦颯太が引き継ぎました。

さすがに新加入の三浦がノボリの2番を継ぐことはなかったですね。過去には4年間奈良竜樹が着けていた3番を新加入の塚川がいきなり着けたりしたことはありますが。

とはいえ、チーム生え抜きで将来のフロンターレを背負う高井が2番を背負うことや、即戦力として期待されて入団し日本代表にまで登り詰めた山根の13番を同じ立ち位置で入団した三浦が背負うことには何ら違和感も異論もなく。むしろ順当なのかなと思います。

静学ルーキー神田奏真は32番

静学から新加入の神田奏真は32番でした。32番は田中碧がプロ1年目で背負っていた番号です。近年は特指の大学生が着けており、そのメンツは三笘薫、早坂勇希、山田新、山内日向汰と下部組織出身の面々が続いています。そんな伝統のある背番号を下部組織外のルーキーが着けるということは、相当期待されているということだと思います。

もちろん私は神田のユニホームを購入しました。これはもう神田のフロンターレ内定が発表された瞬間からの確定事項でした。

補強はまだ終わりじゃないらしいです

このシーンはまだ見れていないのですが、新加入選手紹介の時にこんなやりとりがあったらしいです。

名前が長い日本人って誰だろうな〜(すっとぼけ)

>1/22追記

新体制発表会見の翌日の1/21に、NECナイメヘンからファン・ウェルメスケルケン・際の加入が発表されました。背番号は31(ACLでは52)となります。31(サイ)と52(コーフ)にかけてるのでは!?と騒ついてます。

川崎フロンターレ:ファンウェルメスケルケン際選手 加入のお知らせ
NECナイメヘン(オランダ)に所属しているファンウェルメスケルケン際選手が、今季、完全移籍にて加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。ファンウェルメスケルケン際(ふぁん・うぇるめす...

今年は時間内に終了

今年の新体制発表会見は時間を余らせて終了。他サポは何を言ってるか分からないかもしれないけど、今年は時間オーバーしなくて良かったですね。選手・監督が会見のためだけに沖縄キャンプを離脱して来ていて、今日のうちに沖縄へ帰るからめちゃくちゃ釘を刺されていたらしいっていうのが真相のようです。

さて、ブラジル人功労者たちが去り、山根・山村という戦術的に重要なピースを失い、クラブ一筋15年のノボリが川崎での生活に一旦終止符をうち、クラブで初めて生え抜きの完全移籍での国内流出があり、激動のストーブリーグを過ごしました。

リリースがあった時は心に大きな穴がぽっかり空いたような気持ちになりましたが、今はもう来季も楽しみでしょうがないです。今年もなにか1つタイトルが獲れるように、あわよくば複数タイトル、悲願のACL青覇、そしてクラブW杯出場権獲得ができるように後押しを頑張りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました