プリンスリーグ東海2023 日程発表

人気ブログランキングでフォロー

プリンスリーグ東海のチーム編成、日程が発表されました!

東海|高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2023|JFA.jp
高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2023東海のページです。
順位チーム都道府県
1降格清水エスパルスユース静岡
2降格JFAアカデミー福島静岡
31位浜松開誠館静岡
42位藤枝明誠静岡
53位藤枝東静岡
64位富士市立静岡
75位静岡学園B静岡
86位名古屋グランパスU-18 B愛知
9昇格刈谷愛知
10昇格海星三重

プレーオフは12月9日(土)、10日(日)、16日(土)の3日間で行われます。

選手登録変更は下記3つの期間で可能です。

http://www.tokai-soccer.com/schedule/1647315309-569918/
登録変更期間
6月13日(火)6月20日(火)
8月22日(火)8月29日(火)
11月7日(火)11月14日(火)

10チーム7チームが静岡

今年のプリンスリーグ東海も昨年同様静岡県のチームが7チームという編成となり、静岡県プレミアリーグみたいな感じになりました。磐田東と浜名が昇格してたらマジでとんでもないことになってましたね。危ない危ない。岐阜の雄帝京大可児は7位で余裕の残留圏内だったはずなのにプレミアから2チームも落ちてきたせいでまさかの県リーグ降格。また、三重の名門四日市中央工業はプリンスリーグ昇格プレーオフでFC岐阜U-18に勝ったものの刈谷に負けてプリンス復帰ならず。

プレミアから2チーム降格

清水エスパルスユースとJFAアカデミー福島がプレミアリーグから降格。

エスパルスユースは序盤で10番MF山田理矩が負傷で長期離脱、またコロナ大量発生で日程の組み直しがあったり不運な部分が大きかったように思います。ただ、引き分け以上でプレーオフ進出となり残留の目が残った最終戦ホームセレッソ大阪U-18では、先制したにもかかわらず最終的には1-4と大敗を喫して自動降格となりました。

今年はヤングサッカーフェスティバルで静岡県ユース選抜でキャプテンを務めたMF田中侍賢が中心となって戦うことになるのでしょうか。そのほか昨年からレギュラーだったMF星戸成やMF太田成美、GK北村風月がどれだけチームを引っ張ることができるか。1年生レギュラーだったU-16日本代表MF矢田龍之介や中3途中に神奈川の強豪東急S・レイエスから電撃加入し試合出場を果たしたU-15日本代表FW関口航汰にも注目です。

JFAアカデミー福島は2023シーズン終了をもってチーム消滅が決まっており、2・3年生のみの編成で臨んだプレミアリーグ。序盤はプレミアのインテンシティに対応できず、前半戦を2勝3分6敗と大きく負け越しました。後半戦で持ち直し、首位を独走して優勝した川崎フロンターレU-18や2位横浜F・マリノスユースに勝利を収めるなど4勝したものの7敗を喫して降格となりました。

今年は3年生17人のみで戦うことになり、選手層に不安があります。U-17日本代表に定着しつつあるMF花城琳斗やプレミアフルタイム出場を果たしたDF長尾ジョシュア文典、国体メンバーに選ばれたMF石田然を中心にプリンスリーグ優勝という有終の美を飾れるかが注目です。

昨年優勝の浜松開誠館は今年も有力

昨年優勝の浜松開誠館はプレミアプレーオフで旭川実業に勝利したものの、昌平に敗れてプレミア昇格を逃しました。浜松開誠館は全国高校サッカー選手権にも出場し、初戦敗退したもののプレミアWESTの大津相手にPK戦にもつれ込む激戦を繰り広げました。また、U-17日本高校選抜に新3年生のDF八巻涼真が選ばれ、候補には新2年生のDF岩崎総汰が入りました。さらに新1年生の代は全中優勝を果たしており、特にMF川合亜門は中3の時点でレギュラーとしてプリンスリーグに出場していました。

基本的には上記3チームで優勝争いをするのではないでしょうか。その他注目はFWとDFの二刀流を始めた植野悠斗やGK藤崎蒼葉、FW良知英祥と3人の静岡県ユース選抜メンバー、そしてU-17日本高校選抜DF野田隼太郎を擁する藤枝東でしょうか。植野は静岡県ユース選抜としてU-17日本高校選抜戦にセンターバックでフル出場を果たし、空中戦の強さはもちろん、縦パスにチャレンジする姿勢が強く、思いのほか期待できるなという印象。反対に良知はU-17日本高校選抜戦では良いところなく途中交代しており、消化不良という感じでした。注目選手が多いという意味ではぜひ試合を見てみたいです。

今年は観客制限なし

プリンスリーグの会場は、エスパルスユースのホームゲームならIAIスタジアム日本平やJ-STEP、藤枝明誠・藤枝東なら藤枝総合運動公園、JFAアカデミー福島なら時之栖Aグラウンドが行きやすいですね。静学のホームゲームはエスプラットフジスパークがメインなので行きにくいですが、4月29日浜松開誠館戦は時之栖Aグラウンド、9月2日藤枝明誠戦は時之栖裾野グラウンドで行われるようです。(浜松開誠館戦は同会場同時刻にJFAアカデミー福島vs藤枝東が行われるので、会場が違うか試合時間が違うのだと思いますが)

コロナによる制限が完全になくなったので、興味のある方は見に行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました