ヤングサッカーフェスティバル2024た U-17静岡県ユース選抜vsU-17日本高校選抜

人気ブログランキングでフォロー

ヤングサッカーフェスティバル大取りのU-17静岡県ユース選抜vsU-17日本高校選抜。U-16の試合で快勝した勢いをU-17でも発揮したいところ。

動画

U-16の試合はYouTubeで1試合フルで残っていましたが、U-17はなし。3/10の25時頃に録画放送があるらしいのでそれを録画しましょう。実況解説やテロップがあるかは謎です。

記事

U-17静岡県ユースが日本高校選抜に1−2で敗れる<静岡県ヤングサッカーフェスティバル>|静岡新聞アットエス
第39回静岡県ヤングサッカーフェスティバルが3日、草薙陸上競技場で行われ、U-17静岡県ユース選抜とU-17日本高校選抜が対戦した。静岡県ユースは攻撃陣が最後ま…
第39回静岡県ヤングサッカーフェスティバル   U-17静岡県ユース選抜 vs U-17日本高校選抜 | レポート | 高校サッカードットコム
ハイプレス合戦を制したのは日本高校選抜!静岡県ユース選抜に2-1で貫禄の勝利!先制ゴールを決めた日本高校選抜のMF木村有磨(写真=志水麗鑑)googletag.cmd.push(function(){googletag.display('div-gpt-ad-1701655968389-0');});…
24年シーズンの主役候補たちが奮闘。U-17日本高校選抜がMF木村、MF笹のゴールでU-17静岡県ユース選抜を撃破 | ゲキサカ
 第39回静岡県ヤングサッカーフェスティバルが3日に静岡市の静岡県草薙総合運動場陸上競技場で開催され、U-17男子の部でU...
U-17日本高校選抜の10番MF木村有磨(履正社)が先制点で勝利に貢献。「10番やし、結果は出さないといけない」 | ゲキサカ
 U-17日本高校選抜の10番が先制点を叩き出した。前半8分、MF木村有磨(履正社高2年=高槻FCジュニアユース出身)は連動した...
「チャンスをモノに」。U-17日本高校選抜は先発抜擢の左SB岡崎礼暉(関東一)が躍動 | ゲキサカ
 先発抜擢の左SBが期待に応えた。U-17日本高校選抜左SB岡崎礼暉(関東一高2年=インテリオールFC出身)が序盤から積極的な...
[MOM4645]U-17日本高校選抜MF大谷湊斗(昌平2年)_攻守で光る巧さ。中盤のタレント対決で存在感を放ち、勝利へ導く | ゲキサカ
 近年、次々とJリーガーを誕生させている昌平高(埼玉)の新たなタレント。MF大谷湊斗(2年=アメ...
高さと強さ、走力も兼備。神村学園新主将のCB鈴木悠仁がU-17日本高校選抜の守りを支え、勝利に貢献 | ゲキサカ
 U-17日本高校選抜は終盤のオウンゴールによって1点を失ったが、試合を通して安定感の高い守備。184cmCB鈴木悠仁(神村学...
大津の新10番、注目MFの嶋本悠大が貴重な経験。U-17日本高校選抜でも「チームの中心でやりたい」 | ゲキサカ
「チームの中心でやりたいなと思っていますし、自分がもっとボールに触ってプレーしたいなと思っています」 熊本の名門・...
課題改善し、チャンスメークを「誰にも負けない武器にしなきゃいけない」。注目MF矢田龍之介(清水ユース)は自分に目を向けて成長する一年に | ゲキサカ
 U-17日本高校選抜にも「静岡は上手かった」と言わしめる戦い。U-17静岡県ユース選抜はテクニカルな強みを発揮し、“高体...
MF川合徳孟(磐田U-18)は判断の速さと技術力を駆使。1試合1試合を大事に、追い上げる | ゲキサカ
 U-17静岡県ユース選抜の10番を背負った名手が、ここから追い上げていく。MF川合徳孟(磐田U-18/2年=磐田U-15出身)はキャ...
清水エスパルスユースのMF小竹知恩が狙う“W昇格” ナイジェリア人の父を持つスピードスターは飛躍の1年にできるか|静岡新聞アットエス
3月3日に行われた第39回静岡県ヤングサッカーフェスティバルでU-17静岡県ユース選抜は日本高校選抜に1−2で敗れた。相手に主導権を握られる時間が長く続いたが、…

試合記録

スタメン

静岡ユースはクラブ最年少出場記録をもつMF川合徳孟やプレミア21試合出場の渥美慶大をはじめ、GK飯田恵然、DF後藤翔吾、MF森力介、FW山本将太とジュビロ磐田U-18の選手6人をスタメン起用。加えてU-17W杯メンバーのMF矢田龍之介、U-17日本代表小竹知恩のエスパルスユースの2人などを加えたメンツ。新人戦で負傷した静学DF岩田琉唯、浜名FW川嶋琉之亮は試合に間に合ったようです。意外なのは飛び級で選出されたMF中野遥翔が右SBで起用されたこと。トップチームでの小竹の左SB起用に通じる意図なのでしょうか。スピードを生かすみたいな。

高校選抜は世代別フィリピン代表歴のあるGKギマラエス・ニコラスや大津の新10番MF嶋本悠大、昌平で1年の時からレギュラーを張っているMF大谷湊斗がスタメン。

得点・交代

静岡ユースはCFの山本将太に代えて右SH藤井有志を投入した際、右SHの湯山大輔をCFへポジションチェンジしていました。

日本高校選抜はポジションの入れ替えはなし。神村学園の福島和毅はチームではボランチかトップ下を務めていますが、木村有磨のいた左SHにそのまま入りました。

所感

ほぼ試合を通じて高校選抜にペースを握られた試合でした。立ち上がりは小竹のスピードで観客が沸いて静岡ペースになるのかなと思いましたが、攻撃をやり切る場面がかなり少なく、細かいミスもあってペースを握られてしまいました。監督がずっとテクニカルエリアから指示を出していましたが、上手くいっていなかったことを象徴してるなと思いました。スコア上は1点差の惜敗ですが、内容は完敗でした。

矢田や川合といったクラブからも期待されている選手や、川合からキャプテンマークを引き継いだ森もさすがの技術でしたが、流れを引き寄せることはできず。矢田と川合はこんなところ通すのかという素晴らしいスルーパスを出してしましたが、自分でゴールを狙う場面があっても良かったかなという印象。あまり怖さがなかった気がします。

セカンドボールを拾えずに攻撃が単発になってしまい、厚みのある攻撃が全くできていませんでした。小竹がボールを持っても突破できた回数は多くなく、突破を試みずに戻す場面もかなり多かったのも気になりました。

右サイドが機能していればまだ違ったかもしれませんが、病み上がりだからか川嶋の存在感はかなり希薄で、ハーフタイムで交代となりました。後半右WGを務めた湯山や藤井も存在感を見せることはできませんでした。藤枝東での藤井はドリブルが上手い印象がありましたが、今日の試合は下がってパサーになる場面が多く、仕掛けることがほぼなかったのは残念でした。夏のSBSカップでは高体連組が大活躍してるところをぜひ見たいです。

高校選抜の10番木村有磨はドリブルでかなり優位に立っていました。対面する中野が本職じゃないこともあるとは思いますが、とにかく木村がキレッキレ。前半の高校選抜のほぼ全ての攻撃が左サイドだったと思います。

PKもしっかり沈めて先制点を奪いました。

去年履正社の試合を見たはずなのに記憶にないなと思って過去記事見てみましたが、しっかり木村のことも書いてました。記憶喪失だっただけの模様。履正社は近年高卒プロを何人か輩出してますし、プリンス関西に降格したとはいえ注目です。

高校選抜は昌平MF大谷湊斗も素晴らしかったです。昌平では真ん中の低い位置でボールをキープしている印象が強いですが、今日の試合ではサイドに行ったり高い位置で攻撃に積極的に絡んだりしていました。相変わらず上手くてボールを奪われないし、得点やアシストをするようになったら手をつけられないなと思います。昌平の10番候補には今年も期待。

次は夏のSBSカップ

静岡県ユース選抜の次の活動は8月のSBSカップ国際ユース。U-18日本代表や南米などの国の世代別代表と試合をします。今日の試合のメンバーがまた選ばれるかはわかりませんし、矢田や川合など日本代表の方に呼ばれそうな選手も多くいるので現状メンバーは読めません。インターハイやリーグ戦を経て成長した姿を見せてくれたら嬉しいし、新しい選手が呼ばれるのも楽しみです。頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました