Toryval STAGE 清水東vs松本山雅

人気ブログランキングでフォロー

ジャパンユーススーパーリーグのリメイク大会であるToryval STAGE(トライバル ステージ)。時之栖Aグラウンドで行われた清水東vs松本山雅FC U-18の試合を観戦しました。

Toryval STAGE
実施要項更新情報ToryvalSTAGEとは名称に込めた想い実施概要STAGE分け問い合わせ先協賛企業情報新潟医療福祉大学サッカー部

出場選手

選手名はToryval STAGE 清水東vs松本山雅 より。

前半

清水東は昨年3-4-2-1の布陣でしたが今年は4-4-2の模様。DF村松和波は1年生の時からレギュラー。DF末次隆之介、DF若松瑞樹も1年生の時から試合に絡んでいました。末次と若松はボランチの経験もあります。FW濱村知太郎も昨年1年生ながらレギュラー。

松本は名前が不明な選手が多いですが、松本山雅U-15上伊那所属の中学3年生DF西村駿也がスタメン。

後半

清水東はMF河原栄斗に代えて1年生MF堤崎陽琉を投入。堤崎は昨年の選手権メンバーです。

松本は大幅にメンバーチェンジ。どうやら中学生を何人か出していた模様。9番と10番出てきたと思ったら2人とも中学生だったようです。9番浅井生磨は名古屋グランパスU-15、10番松平琉駆はアルティスタ浅間の選手。非凡な才能が垣間見えるものの怖さがほとんどないと思ったらまさか中学生だったとは。左SHに入った益本璃来は調べても所属がわかりませんでしたが、おそらく中学生だと思います。

試合終了時

所感

相手の9番、10番が出てきた後半に逆転して勝利したのは今の清水東には自信になるだろうなと思っていましたが、後になって調べてみたらその9番10番は中学生だし、複雑な気持ちになりました。浅井は9番だけど名古屋U-15時代もDF登録だったようです。背番号どうやって決めてるんだろう。

清水東はFW濱村知太郎が試合を通して別格の存在感。攻撃面ではしっかり先制点を決めましたし、守備でも相手DFにプレッシャーを掛けてボールを奪い切る場面も何回かありました。後半GKとの左サイドからの三井のパスをゴール前でドフリーで受けた決定機を宇宙開発したのはもったいなかったですが、練習試合ですしね。

今年の清水東は繋ぐというよりロングボールが主体になるのかなという印象。シーズン始まる前の練習試合を1試合見ただけの印象なので、蓋を開けてみれば全然違うかもしれませんが、FW三井晃庸に当てて二次攻撃に繋げるシーンが多かったような気がします。右サイドの瀬谷壮飛も時折良い突破を見せていたような。とはいえ、静岡県内で上位を狙えるクオリティはまだまだというのが率直な印象。かなり安い失点もありましたし、プレースピードやインテンシティも強豪と比べても改善の余地ありと思います。ここからインターハイまでどこまで伸びるか注目したいです。

松本は前半に出ていた左SHの11番の積極的な仕掛けやCFの23番のポストプレーは見所あったなと思います。後半のダイレクトプレーで右サイドを崩したのはかなり綺麗で、J下部組織って感じがしました。今年はプリンス北信越2部でのプレーとなりますが、1年での1部復帰へ向けて頑張ってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました