新人戦静岡県大会2024記事

人気ブログランキングでフォロー

開幕前

【高校サッカー】浜北西が逆転勝利も、得失点差で県切符逃す…静岡県新人戦地区大会 : スポーツ報知
 リーグ最終戦が行われ、浜北西が浜松西に2―1で逆転勝ち。1点を追う後半26分のセットプレーで追いつくと、終了間際の41分にFW鳥居大幹(2年)がゴール前の混戦から勝ち越し点を挙げた。しかし県大会の出
静岡県高校サッカー新人戦の組み合わせ決まる!静岡学園は静岡市立と対戦 1月13日開幕|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月13日、開幕する。地区予選を勝ち抜いた東部、中部、西部の各16校と、昨年の全国選手権県大会決勝トーナメントに進出したシード16…
高校サッカー新人戦静岡県大会は13日開幕 磐田北の佐々木真音主将は「目標はベスト16です」 : スポーツ報知
 高校サッカー新人戦静岡県大会は13日に開幕。64校が参加し、決勝は28日にエコパスタジアムで行われる。昨年、19年ぶりの優勝を飾った浜名は初戦(13日)で沼津工と、全国選手権に出場した静岡学園は静岡

1回戦

静岡県高校サッカー新人戦が開幕!静岡学園、藤枝東、浜名、富士市立など強豪が2桁ゴールで発進!!|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月13日開幕し、県内各地で1回戦32試合が行われた。大会には、地区予選を勝ち抜いた東部、中部、西部の各16校と、昨年の全国選手権…
静岡学園が、新チーム初の公式戦で圧勝 - サッカー : 日刊スポーツ
今冬の全国選手権に出場した静岡学園が、新チーム初の公式戦で圧勝した。静岡市立に対し11-0。前半だけで6得点を奪うと、後半も攻撃の手を緩めず5得点と、圧巻のゴ…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
静岡学園新チームが公式戦大勝発進…新背番号「9」FW大木悠羽が4得点 : スポーツ報知
 開幕し、1回戦32試合が行われた。全国選手権2回戦で敗れた静岡学園は11―0で静岡市立に大勝し、新チーム公式戦初勝利を飾った。FW大木悠羽(ゆう、2年)が、前半6分の先制点を含む4得点。J1川崎内定
静岡学園の1年生ボランチ山県優翔が躍動!「チームで絶対的な選手になりたい」静岡県高校新人サッカー|静岡新聞アットエス
男子サッカーの高校新人大会1回戦で大勝発進した静岡学園で、フィールドプレーヤーで唯一1年生のMF山県優翔が存在感を示した。背番号は7。静岡市立との対戦で後半から…
令和5年度静岡新人戦(新人選手権大会) 1回戦 静岡学園 vs 静岡市立 | レポート | 高校サッカードットコム
静岡学園、新チームが11発大勝発進FW大木悠羽は4ゴール4得点決めた静岡学園FW9大木悠羽(2年)1月13日、2023年度令和5年度静岡新人戦(新人選手権大会)の1回戦が各地で行われ、静岡学園と静岡市立が対戦。静岡学園が11-0で勝利し、2回戦進出を決めた。【…
令和5年度静岡新人戦(新人選手権大会) 1回戦 静岡北 vs 富士 | レポート | 高校サッカードットコム
静岡北、延長戦の末に富士を下し2回戦へ静岡北FW9望月俊誠(2年)googletag.cmd.push(function(){googletag.display('div-gpt-ad-1701655968389-0');});1月13日、2023年度令和5年度静岡新人戦(新人選手権大会)の1回戦が各地で…

2回戦

静岡県高校サッカー新人戦・2回戦結果 静岡学園、浜松開誠館などベスト16決まる|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月14日、県内各地で2回戦16試合が行われ、ベスト16が決まった。静岡学園は2試合続けての2桁得点で順当に3回戦にこまを進めた。…
前回覇者の浜名が2回戦突破 川嶋琉之亮&津田廉大の2年生FWが2ゴールずつ挙げる - サッカー : 日刊スポーツ
前回大会優勝の浜名が順当に2回戦を突破した。加藤学園暁秀に4-1。2年生FW2人が各2得点を挙げ、チームを勝利に導いた。磐田東は8-1で浜松商に快勝。静岡学園…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
藤枝東は浜松工に7―1で快勝!身長187センチのFW市川大耀が攻撃陣を引っ張る : スポーツ報知
 2回戦16試合が行われ、昨秋の静岡県選手権で準優勝した藤枝東は浜松工と対戦。身長187センチの大型FW市川大耀(たいよう、2年)が攻撃を引っ張り、7―1で快勝した。3回戦は20日に行われる。

3回戦

静岡学園が東海大翔洋を2−0撃破 池田が先制点、関戸が追加点<静岡県高校サッカー新人戦3回戦>|静岡新聞アットエス
男子サッカーの高校新人大会3回戦で静岡学園が苦しみながらも東海大翔洋を2−0で下した。前半、左サイドのMF池田が中央に侵入して右足で先制点を挙げた。
常葉大橘の1トップ加藤成が決勝点!チームの3戦連続クリーンシートにも貢献!<静岡県高校サッカー新人戦3回戦>|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月20日、県内各地で3回戦8試合が行われた。常葉大橘はFW加藤成のゴールで日大三島を1−0で下し、ベスト8入り。21日の準々決勝…
藤枝明誠の“キング栄志”が3回戦の清水桜が丘戦で2ゴール!「自分ならできる」<静岡県高校サッカー新人戦3回戦>|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月20日、県内各地で3回戦8試合が行われた。オーストラリア人の父を持つ藤枝明誠のMFキング栄志(エイジェイ)が得意の左足で2ゴー…
藤枝明誠が8強…MFキング栄志が2発…3戦連続ゴールに「精度にこだわって練習してきた」 : スポーツ報知
 3回戦が行われ、8強が決まった。昨季プリンスリーグ東海3位の藤枝明誠は清水桜が丘と対戦。前半6分にMFキング栄志(えいじぇい、2年)が3戦連続となるゴールを奪うなど2得点と活躍し、4―1で快勝した。
藤枝明誠が8強進出 3戦連発の背番号“9”FWキング栄志「自分ならできると思っている」 - サッカー : 日刊スポーツ
藤枝明誠は4-1で清水桜が丘を下し、ベスト8進出を決めた。FWキング栄志(えいじぇい、2年)が2得点。同校のエースナンバー「9」をつける点取り屋が3試合連続ゴ…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

準々決勝

静岡学園が“金野ツインズ”のホットラインで決勝点!常葉大橘を1−0で下して4強入り<静岡県高校サッカー新人戦・準々決勝>|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月21日、準々決勝が行われ、優勝候補の静岡学園は1−0で常葉大橘を破り、ベスト4に進出した。トップ下に入った金野仁(じん)と、ダ…
浜松開誠館が10年ぶり4強 先発2戦目の1年生ボランチ岩瀬琢朗が決勝点 : スポーツ報知
 準々決勝が行われ、浜松開誠館は前半26分にMF岩瀬琢朗(1年)がゴールを奪い、藤枝明誠に1―0で勝利。初優勝した14年以来10年ぶりの4強入りを果たした。V2を狙う浜名は磐田東を4―0で下した。藤枝
2連覇狙う浜名が4強進出 DF松本遼が先制弾&堅守で貢献 : スポーツ報知
 準々決勝が行われ、浜松開誠館は前半26分にMF岩瀬琢朗(1年)がゴールを奪い、藤枝明誠に1―0で勝利。初優勝した14年以来10年ぶりの4強入りを果たした。V2を狙う浜名は磐田東を4―0で下した。藤枝
藤枝東が大量6ゴールで富士市立を撃破 エース湯山大輔は2発「もっと圧倒的な存在に」<静岡県高校サッカー新人戦・準々決勝>|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月21日、準々決勝が行われた。藤枝東は6−1で富士市立を下し、4強入りした。チームの攻撃を牽引したのはエースの湯山大輔。この日は…
静岡学園4強進出、金野仁「今日はとにかく結果にこだわった」自ら得たPK決めた - サッカー : 日刊スポーツ
4強が出そろった。昨年覇者の浜名は4-0で磐田東に完勝。西部勢では初の大会連覇へあと2勝とした。静岡学園は1-0で常葉大橘に完封勝ち。藤枝東は6-1で富士市立…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【高校サッカー】昨年V浜名「西部対決」で力の差 内藤監督「チャレンジャーとして優勝したい」 - サッカー : 日刊スポーツ
4強が出そろった。昨年覇者の浜名は4-0で磐田東に完勝。西部勢では初の大会連覇へあと2勝とした。静岡学園は1-0で常葉大橘に完封勝ち。藤枝東は6-1で富士市立…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

準決勝

浜名が藤枝東破り初連覇に王手、エース不在もハイプレス徹底で「壁」越えた 静岡新人戦 - サッカー : 日刊スポーツ
浜名は2-1で藤枝東に競り勝ち、西部勢初の連覇に王手をかけた。同点で迎えた後半、DF小島一輝(2年)がロングシュートで決勝点。県選手権で3年連続で敗れていた難…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
静岡学園がPK戦で浜松開誠館を撃破し決勝進出 1年生守護神・有竹拓海「自信はあった」 - サッカー : 日刊スポーツ
浜名は2-1で藤枝東に競り勝ち、西部勢初の連覇に王手をかけた。同点で迎えた後半、DF小島一輝(2年)がロングシュートで決勝点。県選手権で3年連続で敗れていた難…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
静岡学園がPK戦で浜松開誠館を退け決勝へ!同点弾の大木悠羽「決めるだけだった」<静岡県高校サッカー新人戦・準決勝>|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会は1月27日、愛鷹広域公園多目的競技場で準決勝が行われ、第1試合は静岡学園がPK戦の末に浜松開誠館を破り、2年連続の決勝進出を決めた…
浜名が2−1で藤枝東に“リベンジ” DF小島一輝のロングシュートが決勝点に!<静岡県高校サッカー新人戦・準決勝>|静岡新聞アットエス
サッカーの静岡県高校新人大会の準決勝第2試合は浜名が2−1で藤枝東を退け、2年連続の決勝進出を決めた。浜名は前半終了間際に追いつかれたが、後半8分、DF小島一輝…
[新人戦]延長前半に先制許すも追いつき、PK戦で1年生守護神活躍。静岡学園が浜松開誠館を下し、静岡決勝進出 | ゲキサカ
 静学が苦闘を制して決勝へ。27日、令和5年度静岡県高等学校新人体育大会サッカー競技準決勝が沼津市の愛鷹多目的競技場で開...
[新人戦]浜名が宿敵・藤枝東に雪辱勝利。公立の伝統校が静岡連覇に王手 | ゲキサカ
 浜名が宿敵撃破。27日、令和5年度静岡県高等学校新人体育大会サッカー競技準決勝が沼津市の愛鷹多目的競技場で開催され、浜名高が藤枝東...
[MOM4618]静岡学園GK有竹拓海(1年)_東京V入りした守護神の後継者候補。PK戦勝利へ導く連続セーブ | ゲキサカ
 21、23年度の選手権でPK戦敗退を喫しているように、静岡学園高にとってPK戦は鬼門。だが、「やっ...
[新人戦]静学の10番狙う1年生MF山縣優翔。冷静に、「ゆっくり」も意識してゲームメーク | ゲキサカ
 2年生ボランチは静学の新10番候補だ。この日、静岡学園高MF山縣優翔(1年=千里丘FC出身)は前半、チーム全体が前へ攻め急ぐ...
[新人戦]「チームを救える9番」目指すFW大木悠羽が静岡学園を救う延長同点弾。決勝でも決め、静岡制覇に貢献 | ゲキサカ
「今日もちょっと苦しい時間帯が続いて1点取られた後、苦しい時に1点取れたので。そういう時に自分が点取れるような選手に...
[新人戦]1年生も健闘した浜松開誠館は静岡学園を追い詰めるも、惜敗。 | ゲキサカ
 準決勝で敗退し、10年ぶりの静岡県新人大会優勝には届かなかった。それでも、浜松開誠館高は優勝校・静岡学園高を追い詰...
[新人戦]目標のCBはルイス・ダンク。藤枝東の新リーダー、CB村上樹は意識高く強度、質を求める | ゲキサカ
「選手権負けて新チームなって、『取れるタイトルは全部取ろう』っていう話から始まって、自分、ちょっと怪我しちゃって今日からで。みん...
[新人戦]名門・藤枝東の10番は左利きのMF柳川結飛「番号にとらわれずに、自分のプレーを」 | ゲキサカ
 県新人大会は初戦からの4試合で31得点。だが、藤枝東高は準決勝で1得点に終わり、敗退した。10番のMF柳川結飛(2年=エスパルスSS静岡出...
[MOM4619]浜名MF縣大翔(2年)_ 走り続けるボランチが攻守でチームをカバー | ゲキサカ
 小柄なボランチが「新人戦、今まで何試合かやってきたんですけど、その中では今日が一番良かったです」というパフォーマンス。浜名高の...
[新人戦]ロング弾で決勝点。浜名の新DFリーダー、CB小島一輝が攻守で勝利に貢献 | ゲキサカ
 昨年の新人大会優勝を知るストッパーが決勝ゴールを決めた。1-1の後半8分、浜名高CB小島一輝(2年=ジュビロSS浜松出身)が右足でロン...
[新人戦]左足で生み出す違い。浜名MF野澤康佑主将が伝統校対決で目立つ動き | ゲキサカ
 守備の時間が増える中、トップ下のレフティーが一際目立つ動きを見せていた。浜名高MF野澤康佑主将(2年=HondaFC出身)は、藤枝東高の切り...

決勝

静岡学園のテクニシャンMF山縣優翔「今年は飛躍の年に」タイトル獲得で決意新た!<静岡県高校サッカー新人戦・決勝>|静岡新聞アットエス
静岡県高校サッカー新人戦で3年ぶり17度目の頂点に立った静岡学園の中で、大会を通じて異彩を放っていたのが1年生ボランチの山縣優翔(大阪・千里丘FC出身)だ。16…
静岡学園が3年ぶり優勝 決勝は池田双葉が先制、大木悠羽が追加点、個人技生きた…サッカー高校新人戦静岡県大会 : スポーツ報知
 決勝が行われ、静岡学園が浜名を2―0で下して3年ぶりの優勝を飾った。静学は前半36分にMF池田双葉のミドルシュートで先制すると、後半12分にFW大木悠羽(ともに2年)が追加点。1年前のファイナルで浜
静岡学園、浜名に昨年のリベンジで3年ぶり優勝 池田双葉が鮮やかミドルで決勝弾…サッカー県新人戦決勝 : スポーツ報知
 昨年と同じカードとなった決勝は、静岡学園が浜名に2―0でリベンジを果たし、2021年以来、3年ぶり(22年はコロナで中止)の優勝を飾った。
浜名、連覇ならず 静岡学園に0-2「選手はよく頑張った」内藤康貴監督の一問一答…サッカー県新人戦 : スポーツ報知
 県立校の浜名は、全国高校選手権代表校の静岡学園に0-2で敗れ、大会連覇はならなかった。前半36分に先制点を許し、後半12分に加点された。鋭いゴール前への仕掛けを再三見せたが、ゴールを割ることはできな

コメント

タイトルとURLをコピーしました